「成果が表れない。」と、焦ったときは。

「茄子やカボチャの大木を知らず」

茄子やカボチャはひと夏でぐんぐん大きくなるけれど、

次の年に姿はない。

杉や松の成長は遅くて目に見えにくいけれども、

何百年何千年と姿を残し成長し続ける。

焦る時に思い出す言葉です。

一生懸命やっていてもなかなか成果が表れなかったり、

周りの人と自分を比べてたりして落ち込んだりした経験は

皆さんもあるのではないでしょうか?

でも、そんな時こそ目の前のことに

じっくりと取り組んで誠実にまじめにやる人を

天は応援してくれるようです。

一生懸命さ、ひたむきさを失わずに

暗闇のような時でも明るく生きる工夫をするところに

良い人生が出来てくるのですね。

世間の人が見ていなくても、

神仏は必ずいつでもあなたの汗の一滴、

今流している涙の一滴さえ見逃さず見守っています。

雨が降ったり、雪が降ったり、嵐の日もあるからこそ

大きくて立派な多少の事では倒れない逞しい幹が育ちます。

できるなら

日々笑顔で明るく、大木になれるような生き方をしていきたいですね

 

関連記事

  1. 疑えば花ひらかじ。

  2. 誹謗中傷、誤解への対処法。

  3. 閻魔様に聞かれるたった二つだけのこと。

  4. 薫習(くんじゅう)~なりたい自分になるために~

  5. 人に好かれる人間になる。

  6. 天の恵みに気づく。