なぜ、お線香をおあげするのか?

なぜ御仏壇を拝むのか?

なぜ御線香や御供物をあげるのか?

人は拝まれないと成仏できません。

昔から「墓守り」を

大切にしてきた理由はここにあるのかもしれません。

御仏壇、御墓を感謝の気持ちでよく拝んであげる。

「ありがとう」の気持ちで天に帰してあげる。

拝むことはとても大切です。

御線香をあげるのは、

霊がその香りを食べるからです。

「香喰」

といいます。

そして御供物から生体エネルギーをもらいます。

眼には見えませんが、

皆さんがあげて下さった御線香や御供物から

ちゃんとご先祖様はエネルギーをもらっています。

魂が天に上がって帰っていくにもパワーが必要なんですね。

また御仏壇を拝むときは明るい気持ちで拝むことが大切です。

仏壇や神棚はその家の波動がでるところと言われていて、

どんな気持ちで拝んでいるかでその家の雰囲気が変わります。

いろいろあっても明るい気持ちで拝みたいですね。

関連記事

  1. 思いは、心。

  2. ケガレとキヨメ。

  3. 「成果が表れない。」と、焦ったときは。

  4. 釣り合わざるは不縁のもと~幸せが似合う自分になる~

  5. 自分らしく咲く。~良い種をまきながら~

  6. 人に好かれる人間になる。