窮すれば通ず。

窮すれば通ず」という言葉があります。

「もうだめだ。後にも先にも進めない。」

そういうことが人生の中で幾度か、

大なり小なり皆さんにもあるのではないでしょうか?

今まさにそうだという人もいるかもしれませんね。

行き詰ってもうどうしようもない、

これはできない!

と思った時には私はいつも

「窮すれば通ず、窮すれば通ず!

ピンチはチャンス、ピンチはチャンス!」

と何度も唱えながら乗り越えます。

それも暗くではなく、

明るくリズミカルに大きな声で唱えます。

窮さなければ、わからないことがたくさんあります

窮さなければ通れない貴重な学びの道があります

順調な時には気づかなかったことに気づきます。

何事もない無事な一日のありがたさがわかります。

窮して初めて

「人生がうまくいかないときに腐らない」

ことがいかに難しいことかを知ります。

窮しているときは、

深く屈んで自分の心の根っこに栄養を与えている時期なのかもしれません。

根のごとく葉が茂り、花が咲き、実がなる

どんなことがあっても強く明るく乗り越えて、

素晴らしい収穫の秋を迎えたいですね。

 

関連記事

  1. 気は揉むものではなく、配るもの。

  2. 劣等感をなくす方法。

  3. あなたのお顔をつくるもの。

  4. 誹謗中傷、誤解への対処法。

  5. 疑えば花ひらかじ。

  6. いのちの欠片。