自分らしく咲く。~良い種をまきながら~

境内では今、

アジサイの花が盛りで、

もうすぐ百合の花も咲く季節となりました。

花々を眺めながらいつも思い出す言葉があります。

「花は咲けるときに咲けばいい。

ヒマワリが春に咲く桜が

うらやましいから春咲くといっても咲けない。

花はそれぞれ咲く時期が違う。

そしてカスミソウが自分の小さな花を嘆いて

大輪に咲くバラだったらよかったのにと言っても、

カスミソウの可憐さを愛する人はたくさんいる。

ヒマワリは夏に咲くから美しく、

カスミソウは花が小さいから愛おしい。」

人もそうですね。

人と比べて、

今あの人はあんなに幸せそうなのに自分ときたら。

とか、

うちの子はどうしてこうなんだろうとか。

いろんな花があって、

咲く時期があって、

そういった花たちが私たちの周りを彩ってくれています。

そして、

自分が人生の花をさかせるのと同時に大切なことがあります。

「どんな種をまくのか?」

ということです。

笑顔の種ですか?

妬みの種ですか?

希望の種ですか?

ふてくされの種ですか?

良い種をまいて素晴らしい収穫の時を迎えたいですね。

 

関連記事

  1. 気は揉むものではなく、配るもの。

  2. いのちの欠片。

  3. 天の恵みに気づく。

  4. なぜ、お線香をおあげするのか?

  5. 思いは、心。

  6. 窮すれば通ず。