閻魔様に聞かれるたった二つだけのこと。

なぜ人は、

つらい悲しいことを

経験しながらも

生きていかなくてはいけないのか?

それは、

その人しか果たすことのできない

お役目を果たすためです。

つらい経験をした人でしか

わからないことがたくさんあります。

自分が経験したようなことで

悩んだり悲しんでいる人の

相談に乗ってあげられるようになります。

自分がつらかった時は

『そんな人の相談なんて乗れるようにならなくていい。

そんなこと何にもならないじゃないか。』

と思っていました。

でも乗り越えてみるとわかります。

自分がつらかった時、

話を聞いてもらったこと、

背中をさすってもらった手のぬくもり、

掛けていただいた言葉の温かさがあったからこそ

乗り越えられたことを。

人は人に支えられ、

人は人のお役にたって

初めて本当の自分を知ります

あの世に行って閻魔さまに聞かれるのは、

たった2つの事だけだそうです。

「人生を楽しみましたか?」

「人に親切にしましたか?」

胸を張って『はい!』と

答えられる生き方をしていきたいですね。

関連記事

  1. いのちの欠片。

  2. 劣等感をなくす方法。

  3. 気は揉むものではなく、配るもの。

  4. ケガレとキヨメ。

  5. なぜ、お線香をおあげするのか?

  6. 「成果が表れない。」と、焦ったときは。