思いは、心。

「思いは心」

西田文郎先生に教えていただいた言葉です。

日々何を思うか、

どんなことを考えているかでその人の心がつくられる。

良い事を思えばよい心ができ、

悪いことを思えば悪い心ができる。

何もできずとも、

日々良い事を思っていれば

それがいつしか

心からにじみ出てきて

形となってあらわれてきます。

良い事を思い、

良い心をつくり、

その心を感謝、

感動でふるわせて生きていきたいですね。

 

 

 

関連記事

  1. 疑えば花ひらかじ。

  2. なぜ、お線香をおあげするのか?

  3. 人に好かれる人間になる。

  4. いのちの欠片。

  5. なぜ、生まれてきたのか?

  6. 面倒だから、する。