悪に負けない強さを。

「人は、やさしいだけでは悪である。

強くなければいけない。」

森信三先生の言葉です。

悪ってしぶといんです。

その強いしぶとい悪にいかにして勝つか、

負けないか。

以前、萩本欽一さんがいじめられて悩んでいる子へのメッセージで

言っていた言葉、

「一人ぼっちで泣いていて、

だれも味方がいないと思うでしょ。

でもね、

君の流している涙を見ている人がたった一人いる。

神様。

神様は、君の流した涙の一滴まで見てくれてる。」

私は、小学校から高校まで、

いじめられないで一年間過ごしたことがない

学校生活でした。

誰も信じてくれませんけど。(笑)

でも、

今その分人の気持ちがわかるし、

そして何より、

幸せです。

いじめられてもいじめない。

いじわるされても意地悪しない。

「人は良い方に、良い方に感化される。」

出雲井晶先生の言葉です。

強くしなやかな心を養っていきましょう。

 

関連記事

  1. なぜ、お線香をおあげするのか?

  2. 疑えば花ひらかじ。

  3. 人に好かれる人間になる。

  4. 窮すれば通ず。

  5. ケガレとキヨメ。

  6. 気は揉むものではなく、配るもの。