なぜ、生まれてきたのか?

なぜ生まれてきたのか?

幸せな時には出てきづらい疑問ですね。

私も随分と、

つらい時代に考えた問です。

なぜ生まれてきたのか?

なぜこんなに自分は苦しいのか?

それは、

魂の修行をするため。

そして、神仏の素晴らしさを現すため。

今、つらくて苦しくて不幸なのは、

乗り越えたときに、

自分と同じような境遇にある人の

気持ちがわかって、

お役に立てるため。

そんなのどうでもいいから楽になりたい!

あの人はあんなに楽して幸せなのに…。

そう思ったりもしますね。

でも、

そういう人生よりも、

負荷の大きい人生のほうがいいと

思える日が必ず来ます。

「大きな壁だと思ったらそれは、自動ドアだった。」

昔、本で読んだ言葉です。

つらいことを乗り越えて、

神仏の素晴らしさ、

美しさを現すような生き方ができたときに、

あなたのもとへ、

大きなご褒美が天から降ってきます。

 

関連記事

  1. いのちの欠片。

  2. ケガレとキヨメ。

  3. 疑えば花ひらかじ。

  4. 窮すれば通ず。

  5. 面倒だから、する。

  6. 悪に負けない強さを。