劣等感をなくす方法。

劣等感、ありますか?

私は数年前まで劣等感の塊でした。

自己重要感も低くて、

自分が嫌いでした。

「どうせ、自分なんて。」と。

・・・、暗いですね。(笑)

劣等感って、

主観的な解釈なんですよね。

周りはそう思っていないのに、

自分が気になる。

それを直す方法、

見つけてそれをやりだしたら

結果、劣等感がなくなりました。

その方法は、

①人をほめること。

ほめ貯金というものがあります。

ほめるとほめポイントが天にたまって、

まわりまわって自分が褒められるという現象で帰ってきます。

ほめられると人は変わります。

謙遜しても、

謙虚に否定したとしても、

ほめられていくと人は自分に自信ができます。

自信=自分を信じること

これができるようになるんです。

②外見を磨くこと。

身なりをかまう。

美人やイケメンじゃなくても、

キレイな人、すてきな人には努力次第でいくらでもなれます。

 

 

外見が変わると周りの接し方が変わります。

周りの人が親切になります。(笑)

人って、他人から大切にされると

自分を大切にできるようになるんです。

 

と、大まかに2つ挙げましたが、

二つとも自己完結するものじゃないんです。

相手があってこそできるもの。

劣等感は人と自分を比べるからこそ出てくるものなので、

劣等感をなくす時も、

相手がいないとできないんですね。

それから、自分が劣等感を持っている点について、

率直に他人の意見を求める。

という方法もありますが、

相談する相手を間違うとかえって

落ち込むことになる場合もありますから、

お勧めしません。(笑)

簡単なことから始めてみませんか?

 

関連記事

  1. 人に好かれる人間になる。

  2. ケガレとキヨメ。

  3. なぜ、お線香をおあげするのか?

  4. 疑えば花ひらかじ。

  5. 面倒だから、する。

  6. 自分らしく咲く。~良い種をまきながら~