薫習(くんじゅう)~なりたい自分になるために~

薫習(くんじゅう)」という言葉があります。

ものの香りが一緒にいると移ることをいいます。

「朱に交わると赤くなる」の薫り版といったところでしょうか。

明るくなりたい、綺麗になりたい、元気になりたい、成功したいと思ったら、

すでにそうなっている人の近くにいるとそのようになれるといいます。

もし近くにそういう人がいないのであれば、

自分がなりたい理想を実現している人の本を読んだり写真を見たりすると

その人の薫りが移って自分もその人のようになれるそうです。

「薫り=オーラ」と考えるとわかり易いでしょうか。

優しい人は優しいオーラを出していますし、

意地悪な人は意地悪なオーラを出していますよね。

自分が日々考えていること、していることがその人の薫りとなって出てきます

人生の中で嫌な人とのかかわりをゼロにするのは本当に難しいことです。

でも自分が嫌な薫り、色に染まることなく逆に周りの人たちに

素敵な薫り付けができる人生にしていけたら素敵ですね。

 

 

関連記事

  1. なぜ、お線香をおあげするのか?

  2. 自分らしく咲く。~良い種をまきながら~

  3. 不機嫌な人への対処法~人の機嫌は取らない~

  4. 窮すれば通ず。

  5. 人に好かれる人間になる。

  6. 「成果が表れない。」と、焦ったときは。