奥州柳津虚空藏尊

心のひとやすみ…

あそこのベンチに座って
風の音や鳥のさえずりを聞いて
泣きたい人は泣いて
ゆっくりしてって
楽になるから

あそこのベンチに座って
風の音や鳥のさえずりを聞いて
泣きたい人は泣いて
ゆっくりしてって
楽になるから

お知らせ information

信州善光寺如来御分体御開帳

令和4年4月23日から6月11日まで
7年に一度の秘仏に祈る

御開帳中の御祈祷時間
午前10時30分、正午、午後1時30分の三回のみになります。

善光寺御分体御開帳御朱印

ご郵送は出来ません。

善光寺御分体御開帳四面御朱印

善光寺御分体御開帳散華特別御朱印

大丈夫、
うまくいくから

数百年代々守られてきた土地を故郷のために役立てて欲しいと寄贈していただきました。
地域振興の拠点の一つになれるように周りの皆様のお力をお借りしながら進めていきます。

オリジナルハーブティーやおやつ、やすらぎ雑貨をご準備してお待ちしております。

奥州柳津虚空藏尊 オンライン授与所

新型コロナで参拝できない方のために、
ご祈祷済みのお札などをご用意しております。

オンラインショップBASEへ移動します

お寺のおはなし

1300年間、
どれだけの祈りを届けてきたんだろう。

ここは1300年続く祈祷寺。どんなに時代が変わろうとも、人々の祈りは尽きません。それでも、その祈りは、きっと世界を優しくしてくれます。

行基菩薩は、天皇から勅を受け東国を巡遊してこの地に来て、御修法21日間一刀三礼を勤めて自ら虚空藏菩薩を刻みます。天下泰平、国家安穏を祈り、一村の守護仏として尊崇しました。

境内へのご案内

葉を揺らす音が、
温かい言葉に聞こえた。

春には花々が、夏には青々とした木々。
秋にはそれぞれに染まった葉。
そしてぴんと張り詰める空気を纏う冬。
穏やかにたたずむ本堂。撫で丑に、撫で寅。
境内に足を踏み入れれば、静かで、けれどなんだか温かくて。
まるで日々の自分を褒めてもらっているよう。

祭典と催し

手を合わせたい願いは、
本当に叶えたい願いです。

奥州柳津虚空藏尊で行う年中行事。
節目、節目でどうぞ足をお運びください。

メニューを閉じる
Translate »